WordPress本命サイト構築編 その2

サイトの基本設定ができたので記事を投稿し始めます。投稿するにあたって必要な機能を追加しました。

また、徐々にSEO対策にも乗り出します。

スポンサーリンク

サイト構築の続き

10.機能向上のためプラグインをインストール

Download Monitorをインストール(ファイルダウンロード)
・ダウンロードの設定から「デフォルトテンプレート」を「Button – CSS styled button showing title and count」に設定

ダウンロードの作成:「新規作成」にて「+ Add file」ボタンをクリック→「ファイルをアップロード」ボタンを押しファイルをアップロードする。
タイトルを入れて「公開」ボタンを押す。
「Shortcode」を投稿に張り付ければダウンロードボタンが設置できる。

Simple Colorboxをインストール(画像拡大表示ポップアップ)
Akismetを有効化(スパムコメントの管理)
・APIキーはお試しブログで取得したものをセット

SEO関係

11.SEO関係プラグインをインストール

PubSubHubbubをインストール(インデックス促進)
Google XML Sitemapsをインストール(XML Sitemap作成)
SNS Count Cacheをインストール(SNSボタンにシェア数表示)
WP Slimstat Analyticsをインストール(アクセス解析)

12.Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録

Search Consoleにtokui55.com、www.tokui55.comを登録し認証を受ける。

Google Search ConsoleにXMLサイトマップを登録
・「サイトマップの追加/テスト」ボタンを押してsitemap.xmlと入力し送信ボタンを押す。

XMLサイトマップはGoogle XML Sitemapsプラグインにより作成されたものである。

合わせて、Search Consoleでの優先ドメインをhttps://tokui55.com/とした。

Google Search Consoleで存在しないURLリンクが見つかったため、どこにあるのか発見するためにプラグインBroken Link Checkerをインストールした。

GoogleアナリティクスとAdSenseを申し込む

AdSenseアカウントはyoutube収益化の際に取得済み。
アナリティクスはここで新規登録した。

双方をリンクする
・AdSenseから「Google アナリティクスと統合」をクリック
・アナリティクス側に移って「AdSense リンクの設定」を開くと「AdSense プロパティの選択」にIDが表示されていた。
・プロパティを選択後、「すべてのウェブサイトのデータ」にチェックを入れ
「リンクを有効化」ボタンを押した。

いくつか記事は投稿してあったものの、ここまでの手順ではAdSenseの審査は通りません。プライバシーポリシーを載せるなど、多少は手を入れてから審査に臨みましたが不認証に終わりました。この先審査が通過できた時に行った手順を書き足すつもりです。