WordPressのために、どのレンタルサーバーと契約するか

スピード、信頼性、料金、サービス?何を基準にレンタルサーバーを選んだら失敗しない?

既に何度もこのブログで話題にしていますが、当サイトはロリポップ!レンタルサーバースタンダードプランで運用しています。

スポンサーリンク

ロリポップかエックスサーバーか?

安くて良さそうなサーバーを求めると、月額500円(6ヶ月契約)のロリポップか1000円(12ヶ月契約)のエックスサーバーに絞られます。

ネットで情報を集めていくと、初心者がたどり着くのはこの二択ではないでしょうか?

少し整理してみます。

ロリポップ エックスサーバー
プラン ライト スタンダード X10
初期費用 1,500円 1,500円 3,000円
月額料金 250円~ 500円~ 1,000円~
ディスク容量 50GB 120GB 200GB
転送量 60GB/日 100GB/日 70GB/日
MySQL5 1個 30個 50個
PHP CGI モジュール PHP7,FastCGI
バックアップ なし 300円/月 0円
電話サポート なし あり あり

初心者が気になるところはこの辺りでしょうか。
数値的な比較は意味が無いくらいまで十分な性能です。

重要なのはスピードと転送量だと思います。

スピードはまさしく、Webページが表示されるまでの時間に係わってきます。ネットの評判によると、エックスサーバーに軍配があがるようです。

転送量は1日の通信量にあたるので、たくさんの人が訪れるサイトだと問題になってきますが、これからサイトを構築していく人にとっては十分です。

ネットの評判としてはエックスサーバーは安定して良いですね。皆さん口をそろえて速いとおっしゃってます。速度を求めてロリポップから移行した人も見受けられます。

ロリポップは遅いと評価しているサイトが多く見つかりますが、古い情報も多いので注意が必要です。何度か機能拡張されて、ある程度は改善されていると思われます。

とにかく安くWordPressが使いたいというのなら、ロリポップのライトプランもありかな、と思ったので表に加えました。数値的なスペックだけなら他のプランと引けはとりませんが、高速化技術が取り込まれていない一世代前のサーバーと思っておいた方が良いでしょう。

ロリポップでバックアップを付けると月額800円になるので、評判を加味すればエックスサーバーにするのがお得でしょうか?


ロリポップ スタンダードプランに決定

ロリポップに関しては若干未知数なところはありますが、あとはいくらまでなら出せるか、に尽きると思います。

月額250円のライトプランにも惹かれましたが、スタンダードプランを選択しました。ライトプランはMySQLのデータベースが1個しか作れないので運用に不安があります。WordPressの初心者なので、テスト用も含めて複数のデータベースが作れた方が安全ではないかと考えたからです。

僕はこのサイトと本命サイトで別のデータベースで運用しています。

スタンダードプランの場合、独自ドメインが100個まで登録できます。1つの独自ドメインには500個までのサブドメインを作成することもできるので、相当数のサーバーを立ち上げることが可能です。

評価としてはエックスサーバーの方だというのは分かりますが、やはり1000円と500円の違いは大きいです。


1ヶ月ちょっと運用してきて

ロリポップを使い始めて1ヶ月ちょっと経ちましたが、今のところ不満はありません。WordPressを使っていても遅くてイライラするようなことも無いです。

サーバーの移転自体はそれほど難しいことではないので、不満が出たときに考えれば良いと思っています。

どのレンタルサーバーもサーバー移転に関しては情報を提供してくれています。それはそうですよね、ライバルから顧客を奪おうとしたら移転作業は絶対に必要なことですから。

エックスサーバーも移転時の手順を公開しています。

レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|すでにエックスサーバー以外で運用中のWordPressをエックスサーバーへ移転(移行)するための手順です。移転元側、エックスサーバー側の作業それぞれについて記載しています。

これを読んでも、独自ドメインならドメイン名(URL)はそのまま引き継げるので、単純にWordPressのデータを移行するだけで済むことが分かります。

ロリポップのライトプランでスタートして、上位のプランにアップグレードするという方法もあります。ただし、下位のプランへの変更はできないようです。(10日間の無料お試し期間中は自由にプラン変更ができるので、比較してみるのも良いかと思います。)

フォローする

スポンサーリンク